車を持つ方でしたら知っているはずですが自動車税という税金を支払う義務があります。

そしてこれは、査定に出す車の売却の際に一般に還ってくるお金なのです。

このような事は実際、実行すると直ぐに頭に入ってきますが、これから一つずつ順番に出来るだけわかりやすく紹介することにしましょう。

当たり前ですが補足しておけば、日本販売されているクルマだけに限らず外車などでも自動車税が戻ってくる範囲になります。

当然ですが所有車についてもそうですね。

自動車税というのは自動車を持っている人が支払い義務を負う税ですがそれぞれの排気量の大小で決められています。

1リッター以下のであれば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円になります。

これ以上は500cc刻みで5000円増加していきます。

そしてこの税は4月1日現在のの所有者が、来年3月までの金額を払う事になっています。

要は先払いということですから車を売ってしまって、所有権を失った時は先に払った分のお金は戻ってくるのです。

税は前払いでその年度の自動車税を払いますからその翌年3月までの間に自動車を売ったときは入れ替わった保有者がこの税の納付義務を負うのです。

売却先が専門店ならば、売却した際に払いすぎた金額を返還してくれます。

つまり、所有権が移転された際以後の税額は、入れ替わった所有権を持った人が支払い義務を負います。

もしあなたが10月のうちに自動車を引き取ってもらったのであれば11月以降翌年3月の間までの払ったお金は戻ってくるのです。

それは前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先払いしているという事実からも明らかです。

要は売却者は売却相手に税金を返還してもらうということです。

業者を介さずにクルマを引き取ってもらう場合には、結構このことに気付かない方が多くいるので確認するようにしましょう。

自動車税という税金は自動車の売却で返金されることを意外と知らない人が多いからと言って、その状況を悪用する悪徳業者もいます。

こちらから返金について話を切り出さなければ、税金のことについて説明しないというケースもたびたび見られます。

ですからクルマの買取をする場合は自動車税が返金されるか否かの確認を怠らないようにしてください。