一般的に、クレジットカードの上限が自分がよく決済する金額より高く設定されていると人間は問題ないと誤解し、必要よりもクレジットカードを使用してしまったりするきらいがあるようです。楽天カード

こうしたカードへの過度の依存を抑えておくためにクレジットカードの限界額をできれば少なめに申し込んでおこう・・・というのが、この文章の主題です。

利用限度額の引き下げ方△クレカの利用限度額を減らす手順は限度額を引き上げる方法と同様とても便利です。

クレカの裏側に書かれている電話番号に電話をかけて、「月の利用限度額を下げたい」というふうにオペレーターに対して申請するだけです。

今の月の限度額と比較して少なければ、審査なしで限度額の変更が可能となります。

カードの限度額を少なくするのはお金を守ることにも繋がる…カードの限度額を減らしておくことは、自己統制等の良いことはもちろん被害に遭わないようにすることとも関連があります。

もしも、手元のクレカが盗まれて勝手に使用された問題が発生しても、あらかじめクレジットカードの月ごとの限度額を低めに申請しておけば実害を可能な限り最小限にすることが可能だからなのです。

ここで言っておきたいのは仮にクレジットカードが勝手に使用されることになったトラブルでもカードユーザーに過失と思えるものがなければ、盗難保険という機能が契約者をサポートしてくれることになるから不安になることはないのですけれど数パーセントの可能性のことを考え、上限は低くしておくのも手です。

使い切らない金額は良くないことなんです。