破産の申し立てまでの期間は訴訟の提起というような法に基づく行動は承認されます。とくに書類手続きに入ってから実行までに無駄な手数が費やされてしまった場合では債権人によって提訴される可能性が上がります。債権保持者側としては返納もされないで破産のような法律の対応もしないという状況だと団体内で処理をなすことができないのです。要するに審判が終わってどういった決定がもたらされようが申立者に債務を払う資産はないのです。業者も熟知していて提訴のような強引なやり方で、和解に持ち込み返済させるなり借金者の父母や血縁者に肩代わりさせるといったことを想定している際も見受けられます。西暦2005年の1月1日に改正となった新しい破産の法律のもとでは破産手続き後は差し押さえといった法律上の要請に関しては効果をなくすこととなります。そうなると、古い破産法とは違い訴訟の提起といったことをしようと無意味になると思われるとして真剣に裁判をやってくる取り立て会社はほぼなくなると考えられます。そういう意味合いでも、2005年の1月1日に改正となって自己破産は今までと比べて用いやすくなったと考えます。督促のケースにおいては支払督促という言葉は、裁判官が負債人に対して債権の支払いをせよという督促です。一般の訴えをする場合と異なり業者の一人よがりな主張を聞きつつ行われるためオーソドックスな裁判のように間隔と裁判料が高くならないので取り立て業者がよく利用する司法手段です。裁判所への督促の要求がなされた場合、裁判所から知らせが送付されることになり、送られてから2週間以上が経つと、業者は借金者の財産(給与債権を含めて)に関して差押え行為が実行できるようになってしまうのです。支払督促に対し異議の届出をすることが可能ならば、普通な争いに変わることになるのが普通です。※通常の審議は長期化しがちですから免責まで判定がおりない推測が濃厚になることは知っておきましょう。